« 難しいのはその享受。 | トップページ | 間違ってはいないのだけれど。 »

2004.12.27

愛する人を失った世界にはどんな色の花が咲くだろう?

ここ数日の内容をダイジェストで。

12/24(金) いつもどおり終電で帰宅
12/25(土) 午前中に歯医者に行って
        午後から出勤。
        終電を見過ごして作業続行。
12/26(日) 午前10時、帰宅
        1日中眠る。
12/27(月) 通常勤務。
        後、職場忘年会

個人的にかなり無理のある内容で、大分堪えました。
でも世の中を見渡せばこの程度のコトはたいしたこと無いのでしょうね。


以前に比べればずいぶんいろいろなことに耐えられるようになったと思うのですが、まだまだ耐えなければならないことは多いようです。


なんにせよ、疲れました。




「ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし」クリアしました。

やっぱりラスボス第3形態の倒し方は納得いかない。
使うアイテムに脈絡が無いもの。

戦闘中も分身がすぐに解けたり、攻撃タイミングが少しずれただけでやり直しだったり、ストレスが溜まりました。

世界の雰囲気とかはすごく良かったのに、最後でちょっと嫌いになってしまいました。残念。

|

« 難しいのはその享受。 | トップページ | 間違ってはいないのだけれど。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28909/2393580

この記事へのトラックバック一覧です: 愛する人を失った世界にはどんな色の花が咲くだろう?:

« 難しいのはその享受。 | トップページ | 間違ってはいないのだけれど。 »