« ふしぎさが足りない。 | トップページ | シルエット萌え。 »

2005.01.16

眠れない夜でも朝はきっと待ってるから。

今日は溜め込んだDVDを鑑賞しておりました。

ジャイアントロボ THE ANIMATION Vol.5
本編は置いておいて番外編、銀鈴3部作を見てみました。
聞いた話によるとあまりにも本編の完成が遅れたために、手っ取り早く番外編を作って売り上げを出さざるを得なかったとかなんとか。
そういった経緯の作品なので、作画とか演出的には質が低いです。好きでないと見てられないかもしれません。
知里は好きだからいいですけど。

でも3作目の「青い瞳の銀鈴」だけは結構いけます。
ちゃんと物語の中の1エピソードとして成り立っていますし、作画も綺麗でした。

主役格の子供の声、どこかで聞いたことあるなぁと思ったら、高橋和枝さん(カツオの声の人)か、、、もうお亡くなりになってるんですよね。時間って流れてるんだなぁ、としみじみ。(;_;)


忘却の旋律 3,4巻
6巻まで買ってあるんですけどね、そして今月末には7巻が。ああぁぁぁ、なかなか追いつかない……。

限定版についてる「忘却ステーション」というおまけCD。これがなかなかおもしろいです。
ちょっとしたドラマとか、スタッフ・声優インタビューとか。設定ふぇちの知里にはむしろこっちの方がたのしかったりします。

ふと思ったんですけれど、最近のアニメってすごく作画枚数少ないですよね?
この忘却の旋律で例を挙げると、2~3話ごとに舞台が変わるんですが、場面として出てくる絵がホントに限られています。舞台としては「寂れた温泉街」だったり「ダムに半分埋もれた村」だったりするんですけど、出てくるのはその遠景と主要な場所のみ、まともに動く人は主要キャラのみ。どうにもその世界というものを感じるのが難しいです。

予算とかいろいろ仕方が無いのでしょうけど、世知辛いものですな。

|

« ふしぎさが足りない。 | トップページ | シルエット萌え。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28909/2595930

この記事へのトラックバック一覧です: 眠れない夜でも朝はきっと待ってるから。:

« ふしぎさが足りない。 | トップページ | シルエット萌え。 »