« いっそ空気になれたら素敵なのに。 | トップページ | 錆付いた鍵を掴もうと足掻き続ける。 »

2005.08.01

想い出を過去の光として埋葬出来ない限り、孤独な亡霊は荒野を彷徨い続けるだろう。

知里は物事をよく忘れるのですが、きっかけさえあれば逆にすぐに思い出す人でもあります。

そしてその内容によって容易に感情が引き摺られてしまいます。

それ自体はそんなに問題でもないのですが、最近楽しかったことばかり思い出してしまって、ちょとつらいです。




それはさておき、無性にカラオケに行きたい。
「StarDust」は9月までおあずけだけど、「Ark」か「辿りつく詩」ならあるのよね、行ーきーたーいー。(>△<)

あと、今とてもアリプロの曲が歌いたい。「ナルシス・ノワール」や「阿修羅姫」はどこかに入ってたと思うけど、「愛と誠」とか「人生美味礼讃」はまだかなー、「密猟区」でも可。

「愛と誠」はひそかにガオガイガーの歌だよね~、とか思っている知里です。
や、別にエクスカイザーでもダ・ガーンGXでもダルタニアスでもライブロボでもいいんだけど。

|

« いっそ空気になれたら素敵なのに。 | トップページ | 錆付いた鍵を掴もうと足掻き続ける。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28909/5025573

この記事へのトラックバック一覧です: 想い出を過去の光として埋葬出来ない限り、孤独な亡霊は荒野を彷徨い続けるだろう。:

« いっそ空気になれたら素敵なのに。 | トップページ | 錆付いた鍵を掴もうと足掻き続ける。 »