« 振り返り旅日記2:挫けそうな私をいつも支えてくれたのは。 | トップページ | 和のポン・デ・ライオン。 »

2005.08.16

振り返り旅日記3:私はそんな愚かな男なのだよ。

最後に、今回の東への旅、色々反省してることをまとめてみます。


○初日の宴会
新宿での飲み会にて宴もたけなわの頃、ラストオーダーのドリンクがなかなか出てきませんでした。
こちらは楽しく談笑していたのであまり気にしていなかったのですが、そのうち店員が会計清算を求めてきました。
この時点で内心「えーーー?」と思ったんですけど、幹事のtukiさんがきちんと対応してくださいまして、店員は確認してきます、と下がりました。

注文したのは普通の飲み物ばかりだったと思うんですが、やっぱりいくら待てども出てきません。
既に注文してからずいぶん経ってましたので、仕方ない帰るかーって流れになりました。

で、去り際に店員が何も言って来ない&普通に送り出そうとしたので、再度確認した時のやり取り。

tukiさん:
「ラストオーダーどうなりました?」
店員:
「今からお出しするところだったんですけど」
知里:
「あー、つまりうちらが待ってないのが悪いということやね?」
店員:
「………」
カゲキさん:
「知里さん、言うこときっつい……。(w;」

ああぁ、ごめんなさいごめんなさい。
でも私の目からは「今からお出しするところ」には見えなかったし、言い方にももっと誠意が欲しかったんですの。


○お金のこと
今回は急に思いたった旅行だったこともあり、資金は日頃貯めている500円玉&100円玉貯金から出しました。
ホテルの清算用にと1万円札も少しは持っていってましたが基本的にお金は全部小銭でした。
コミケ会場ではお釣りが無い方が喜ばれるかなぁ?という想いがあったことも否定は出来ません。実際、会場では全てお釣りが無いようにお支払いすることが出来たのでその点ではあまり後悔してないです。

しかしこれの失敗は
1.高額の支払いをする時は逆に面倒。
2.持ち歩くのにとにかく重たい。
3.そもそも持ってく金額が間違ってる。

用意したのは100円玉で3万円、500円玉で6万円。
重さを計算してみると
100円玉は4.8g×300枚=1440g
500円玉は7g×120枚=840g
併せて2.3kg

これらを水筒を入れるようなストレッチ生地の袋に入れてたんですが、手に持って振り回せば十分殺傷能力がありそうでした。
諸々併せても3分の2も使ってないと思うし、重量的には買った本と同じか、お金の方が重いくらいですよ。


○緊張しすぎ
今回コミケ会場で、オンラインでしかやりとりしたことの無かった方々にたくさんお会いできました。
でもスケブお願いしようとか、nintendogs持ってそうな方と通信したいなとか、こんなことお話ししたいなぁとか、あらかじめ色々思ってたことが、お会いした時には緊張してあたふたしてしまって全部吹き飛んじゃってました。(T_T)

スペースの前で長居するのも迷惑だし、あれくらいがベストなのかしらとも思いつつ……。ううん、悩ましい。





ともあれ、とっても楽しい3日間でした。
こんなに一生懸命に行動したのは久しぶりで、普段生活しているのの半年分のエネルギーを放出したような気がします。
でもそれ以上にたくさんの楽しさや幸せを感じることが出来ました。
お相手して下さった方々、本当にありがとう!

|

« 振り返り旅日記2:挫けそうな私をいつも支えてくれたのは。 | トップページ | 和のポン・デ・ライオン。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28909/5487495

この記事へのトラックバック一覧です: 振り返り旅日記3:私はそんな愚かな男なのだよ。:

« 振り返り旅日記2:挫けそうな私をいつも支えてくれたのは。 | トップページ | 和のポン・デ・ライオン。 »