« 一年の計。 | トップページ | ひとりの淋しさ、ひとりの幸せ。 »

2006.01.08

いいかげん、自分も「オヤジ」なのですが。

昨日の深酒が予想以上に身体に堪えたらしく、午前中いっぱいは布団から出られませんでした。

何とかスーパーヒーロータイムは見られたんですが、感想を書くような気分にならなかったので今週はお休みします。

※桐矢くんが「自分のやりたいことだけしたい子」なのはこれまで散々描かれたんだからもう分かったよ、ラスト3話に入ってもしつこく何度もやるようなエピソードじゃないだろうよ、とだけ言っておく。(--;




今日はJanにいさんからお借りした漫画とか読んでました。

・オヤジ回廊へようこそ/みささぎ楓李

オヤジ萌えコラム+オヤジ受け短編なコミックです。


絵柄はオヤジと言うにはちょっと若すぎかな?と思わんでもないんですが、作者様のオヤジへの愛が迸り、だだ漏れな感じが非常によいです。(w
ご本人も認めてらっしゃいますが「渋いオヤジ」方面がやや弱いようなので、これからはそちらも強化していって欲しいなー、と思いました。
キング・ブラッドレイとか、サー・カウラーとか、高槻巌パパとか!(>▽<)

ゲストさまの稲荷屋房之介さんのページに色々納得することが多かったです。
シャーロック・ホームズは確かに「姫」っぽいよなぁ、とか(ついでに言うとワトソン君への仕打ちが真紅さまっぽかった(^^;)オートアビリティで受攻判別?うんするする、とか。

あと、この方の2ページイラストコラムで「地位も名誉も権力もあるインテリ高慢オヤジと、彼のテリトリーに突如現れ、土足で踏み込んできた破天荒な若者とが、対決を通じてフォーリンラブ」てのが素敵に美味しかった。(//▽//)

インテリオヤジの眼鏡が外れるシーンがあるんですが、ここを見てあることを悟りましたね。
「眼鏡っ漢or娘の眼鏡が外れるシーンは、勇者ロボのフェイスガード・ブレイクと同等の意味を持つ」と。

「眼鏡を外すとカッコイイor美人」を表しているわけじゃなくて、クライマックスシーンを盛り上げる「非日常」の演出であると、知里は思うのですがどうか!?(>▽<)


……あー、まだ少し酒が残ってるのかしらん、エキサイトしちまいましたわ。(--;


P.S.
知里もギルモア博士は受けだと思う。(黙れ)

|

« 一年の計。 | トップページ | ひとりの淋しさ、ひとりの幸せ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28909/8066445

この記事へのトラックバック一覧です: いいかげん、自分も「オヤジ」なのですが。:

» Masked Rider Hibiki #46 [MEICHIKU なんでもぶろぐ]
最終三部作となる「前中後編」の中の「前編」。ということで、いよいよクライマックスを迎えることになった。が、この直前に放送された「マジレンジャー」に感動して涙ボロボロになったことから、少し時間をおいてからの鑑賞とした。(→そのため、BlogへのUPがいつもよりもかなり遅くなりました。)で、BGMは最終回直前に「音劇盤三」がリリースされることを考慮して、最終三部作を「音劇盤」の「一」から「三」にしようということから、前回と同じ「音劇盤」とする。(次週は「二」、最終回は「三」とする予定。) なんか、前回ま... [続きを読む]

受信: 2006.01.09 14:56

« 一年の計。 | トップページ | ひとりの淋しさ、ひとりの幸せ。 »