« 歌いぞめ。 | トップページ | 幸先よし。 »

2006.01.04

奇跡は起きます、起こして見せます。

ひぐらしのなく頃に 解 皆殺し編」読み終わりました。

何を書いてもネタバレになりそうなので詳しく感想は書けませんのですが、これまで「謎」とされてきたことはおろか、知里には見えてもいなかった秘密まで明らかになりました。

あうあぅあう、色々書きたいけど書けないのですよぅ。(つ_;)


できるだけ抽象的に書くと、
これまでの物語の中で最も胸のすく思いができたのと同時に、これまでで最大の喪失感を味わいました。
まさに「登れば登るほど、落下した時の衝撃は大きい」のですよね……。


最終話の「祭囃し編」では、本当に幸せな結末が描かれることを、信じて待つことにいたします。


しかし、綿流し編で大災害が発生しなかった際、あの人がどうしていたのかが気になる……。
ここの裏側にまで何かが潜んでいたらもう、手に負えない気がするです。

|

« 歌いぞめ。 | トップページ | 幸先よし。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28909/8000585

この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡は起きます、起こして見せます。:

« 歌いぞめ。 | トップページ | 幸先よし。 »