« もうしばらくは忘れていたい。 | トップページ | ゆとりが何よりの御馳走。 »

2006.02.12

また明日も目覚めるたびに、百年の刻を知る。

昨晩、寝る前に1本くらいDVD見られるだろうと思って、ローゼンメイデンの2巻を再生してたらうたた寝しちゃいました。

なんか中途半端な姿勢だったのであまり休めず。(--;
あああ、自分のばかばか。

それにしても雛苺はかわいいなぁ。
かわいいだけじゃなくてジュンくんに共感して寄り添うような感じなのが凄くいい。


●買い物
○本
MASTERキートン 1巻

○ゲーム
Rez
RULE of ROSE

○同人ソフト
GUNNERS HEART/EasyGameStation

○同人誌
・moe mini/オテント丸
・all sold out;DYNAMIC/オテント丸
・薔薇乙女異聞 phase2/NECO青龍


MASTERキートン、面白いですよ~。
登場人物がいちいち知里の好みのツボをついてくるのです。特にお年寄り達が。(>▽<)

中でもFIRE&ICEと言うお話は凄かった。
20ページそこそこの中に二人の中距離ランナーの友情の物語がみっちりと描かれてました。
後で読み返して、枚数がこんなに少ないと知り吃驚しましたもん、密度高すぎ。
ラストの「彼は、最高のランナーで……、私のたった一人の友達だった」の台詞には本気で泣きました

あ、この二人って、ファイアマンのヘタレ攻め、もしくはマクダネルさんのほだされ攻め、ですよね。<台無し


南港さんオススメのジェームズ・W・ウルフさん、も2巻で出てきました。
仰るとおりめっさツボです。SAS教官最高の尊称「プロフェッサー」の名で呼ばれるナイフのエキスパート。

主人公のキートン太一さんもめっさ強いけど、さらにその師匠ですもんね、素敵素敵。


|

« もうしばらくは忘れていたい。 | トップページ | ゆとりが何よりの御馳走。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28909/8613379

この記事へのトラックバック一覧です: また明日も目覚めるたびに、百年の刻を知る。:

« もうしばらくは忘れていたい。 | トップページ | ゆとりが何よりの御馳走。 »