« 一日ひきこもり。 | トップページ | 古びた紙幣握り締めたまま、這いずりながらも男は笑った。 »

2006.03.24

心が千々に乱れて。

一日ひきこもった翌日は、客先へ出向いての作業でした。


3/23 昼過ぎ
京橋を出発、目的地は三ノ宮ポートアイランド。


同 夕刻
出先の作業場で携帯よりmixiをチェック。
SoundHorizonコミュの書き込みで本家更新を知る。
とりあえず「たいへんな発表だった」ことのみ理解。
しかしネットへの接続環境が無いため詳細は不明。


同 21時
本来予定していた作業開始。
期待していたほどではないものの、成果が上がる。
でもお客様が満足するかは、見せてみないと分からない。
明日の評価待ち。

SHの情報収集を試みるも、情報源がmixiモバイルしか無く、伝聞情報なのですごく歯がゆい。


同 22時
一緒に来てた後輩の作業が予想外に長引く。
なんだかトラブっているみたいだけど、内容自体は完全に専門外なので助力できず。
提出書類の用意などを手伝いつつ励ます。役にたたねぇ主任(=知里)だな。

コミュの書き込みだけでは飽き足らず、日記を公開されてる方のところを渡り歩く。
ううぅ、早くRevo領主のコメントが読みたい。


同 23時半
なんとか最低限しなければならない作業を終え、帰路に就く。
しかし当初予定していた知里の終電時刻はとっくに過ぎている。
パパンに救援要請。

不和?脱退?調べるほどに剣呑な単語が飛び出してくる。


3/24 0時半
パパンが鶴橋辺りまで迎えに来てくれることに。
駅前ののぼり屋でラーメンを食しつつ待つ。

早く帰って真実を知りたい。


同 1時半
帰宅。
速攻で本家をチェック。


SoundHorizonのあらまりさんの件は、単なるメンバー編成の変更ではなく脱退、とのことでした。


ひとまず気を落ち着かせるために風呂に入って、今に至ります。




誰もが無条件にいつまでも一緒に居られることなんて無い。

お互いが納得した上で別々の路を進むことを、他人が悲しむ必要は無い。

それなのになぜ、こんなに胸が苦しくなるのか。


やはりRevo領主さまのコメントから苦しそうな心境が感じられたし、経緯を辿った限り「前向き」ではあっても「円満」な状況ではなかった様子だからかな。

音信不通になるくらい人間関係がこじれていたというのもショックでした。
現状では双方の言い分ではなく一方の発表でしかないし、そんなに詳しく書かれているわけでもないからはっきりとしたことは分からないのだけれど……。


今、楽園パレードDVDを観たらどうなっちゃうんだろう?
怖くて観られないなぁ……。





Revo領主さまの、
「Aramary嬢が歌うという状況があり得ないわけでは決してありません」
という言葉を信じたいです。

あらまりさんの、
「SoundHorizonを応援してくれるみんな、本当に本当にありがとう!」
「また会おうねー!」
という言葉を、いつかまた聴けると、信じたいです。

|

« 一日ひきこもり。 | トップページ | 古びた紙幣握り締めたまま、這いずりながらも男は笑った。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28909/9233049

この記事へのトラックバック一覧です: 心が千々に乱れて。:

« 一日ひきこもり。 | トップページ | 古びた紙幣握り締めたまま、這いずりながらも男は笑った。 »