« 僕はこれから泥舟に乗るのだろう。 | トップページ | 多大な犠牲を盲目のうちに払い続け。 »

2006.07.03

神様さえも持て余す見えない混沌の深い森。

先週末のまとめ日記ですー。


=※=※=※=

7/1

この日はmixiのお知り合いの方(SRIさん、あるの介さん)が遠方より飛来されたのでお迎えさせていただいておりました。

集合場所はAVION、そこで朧月夜さんに合流し、「SRIさんがバーチャロンしてはるよ」と聞いたので覗きに行ったら……、そこにはものすごい勢いで疾走するドルカスが居ました。これがSRIさんとの第一次接近遭遇です。(w


その後、現地mixi民のかきぽさん(初対面)を加えた5名であいにくの雨の中、日本橋の街をねりねり歩いてからカラオケへ。

○知里の歌った曲
・WILD EYES
・セタップ!仮面ライダーX
・僕らの冒険
・突撃軍歌ガンパレード・マーチ
・ザ・ウルトラマン
・キミのアシタ
・絶唱カラオケマンの歌
・エルの絵本【笛吹き男とパレード】
・聖少女領域


大体いつもどおりのラインナップですね。(^^)
しかし今回のお相手はかなりのつわものぞろいなのです。


○他の方々の歌った曲(一部抜粋)
・失われた伝説を求めて
・機甲艦隊ダイラガーXVの歌(曲名失念)
・青春の旅立ち
・亡國覚醒カタルシス
・輝け!ラーメンマン
・亜空大作戦のテーマ
・白獅子仮面の歌
・怪傑ハリマオの歌


なんか、いろいろ圧倒されました。(^^;
亜空大作戦のテーマ、初めて聴いたけどもう吃驚。
ゴリラゴリラゴリラ!て、どんな歌詞なのよ。(w


途中、銀河旋風ブライガー→銀河烈風バクシンガーという流れがきたのですが、知里は銀河疾風サスライガーを歌えずにカラオケマンに逃げてしまったり。
みなさま、すみませぬ……。


その後、咲くらというお店で食事&お話。
実は袴焼肉こと花心に行く案もあったのですが、あるの介さんの「店員が袴!?それは店員が全員ギースで当て身投げ三昧の桃源郷かッ」とか無茶を言うのでお流れに。
※嘘です、お値段との相談で別の店にしただけです(^^;
※でも上の台詞はあんまり嘘じゃないです(w


咲くらでは遊星より愛をこめてとかガンパレとか本部以蔵とかMADテープとか異様に濃いネタで盛り上がりました~♪

そのときに今やってるゲームのお話になり、こっそりメトロイドプライムハンターズを推してみましたら、かきぽさんは元々FPSゲーマーだそうで、しばらく一心にやり込んではりました。
ネット対戦も出来るんですよー、お一つどうですかー?と布教トークも。ふふり。(w


でも朧月夜さんが夜勤明けで睡眠時間ゼロということもありついに寝落ち。
それから程なくして解散と相成りました。

また機会がありましたら遊びましょうね~。(^^)


=※=※=※=

7/2

前日の余波で昼過ぎまで起き上がれずごろごろして、夕方から再出撃。
おにへーさん、カゲキさん、ネコのひとと飲んで喰ってカラオケしてました。

まず飲み喰いは月読へ。
ネコのひとが初来店ということで異様にはしゃぐ。店先で呼び込みしてる店員さんをみて「うわー!うわー!」って、子供のように。(w


その後カラオケに。
7/1はBBサイバーDAMだったんですが、この日はUGAでしたー。

○知里のうたった曲
・創聖のアクエリオン
・亡國覚醒カタルシス
・夢迷宮~光と闇のダンス~
・阿修羅姫
・Tear'sNight

夢迷宮はまだちゃんと憶えてないのでグダグダでした。(T_T)
アクエリオンと亡國覚醒カタルシスはそこそこ歌えるようになってきたかも~♪


しかしこのときはDSユーザーが3人(知里、おにーさん、ネコのひと)揃ったということで途中からメトロイド対戦が始まっちゃいました。(^^;
※カゲキさん、置いてけぼりみたいになっちゃってゴメンなさい(>x<)

それにしても、対人対戦は面白いすねぇ。
おにーさんもネコのひともWiFiアダプタ買ってたのでそのうちネット対戦しましょー、時間合わせなきゃだけど。


=※=※=※=

●この二日間のお買い物
○ゲーム
THE お姉チャンポン
マリオvsドンキーコング

○書籍
ファミ通WaveDVD 2006年8月号

○CD
大神 オリジナル・サウンドトラック

|

« 僕はこれから泥舟に乗るのだろう。 | トップページ | 多大な犠牲を盲目のうちに払い続け。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28909/10776575

この記事へのトラックバック一覧です: 神様さえも持て余す見えない混沌の深い森。:

« 僕はこれから泥舟に乗るのだろう。 | トップページ | 多大な犠牲を盲目のうちに払い続け。 »