« ひとまず終宴。 | トップページ | 忘却の為の旋律。 »

2006.08.15

そして、彼の現実は朽ち果てる。

3日ぶりに出勤してきましたよ、京都まで。

予定通り部長(兼常務)がいらっしゃいましたよ、京都まで。


食い違う関係者の証言。
次々と明らかになる新事実。

我々は一体何を信じ、誰の為に働けばいいのか。


わたしは所属する部署やプロジェクトの方針に従い、部署・プロジェクトは会社の方針に従っているはず。
それなのになんでこうまで皆バラバラの方角を向いてるんですか?


だいたい予想どおりの展開ではあるのだけど、もう少し「出来そうな仕事の進め方」しましょうよ。

|

« ひとまず終宴。 | トップページ | 忘却の為の旋律。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28909/11527870

この記事へのトラックバック一覧です: そして、彼の現実は朽ち果てる。:

« ひとまず終宴。 | トップページ | 忘却の為の旋律。 »