« 忘却の為の旋律。 | トップページ | 彷徨いながらも。 »

2006.08.17

眩暈がする程の血の雨の薫に咽ぶことなく、その男は笑っていた。

日中、視界が歪むような眠気と戦いつつ就業。

モニターを見つめ続けるうちにどんどん酷くなって、ついには
目を開けてられなくなりましたー。

睡眠不足なのかな、こんなんじゃゲームもできないよぅ。(つ_;)


というわけで今日はもう寝ます。

|

« 忘却の為の旋律。 | トップページ | 彷徨いながらも。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28909/11533437

この記事へのトラックバック一覧です: 眩暈がする程の血の雨の薫に咽ぶことなく、その男は笑っていた。:

« 忘却の為の旋律。 | トップページ | 彷徨いながらも。 »